fbpx

50代の婚活、押さえておきたい「告白」のコツ

「好き」という気持ちを伝えるため、結婚して一生一緒にいたいという思いを伝えるため…。
さまざまな思いを伝え、次のステップに進むために必要不可欠なのが「告白」です。

その必要性は今も昔も変わりません。

しかし、大人の恋愛・婚活になると、若い頃のようにただ思いを伝えるだけでは足りません。
では、50代の婚活で押さえておきたい「告白」のコツについてご紹介します。

告白の必要性

10代や20台という若い世代では告白することが交際へのスタートラインであり、必須の工程とされています。
よほどのことがない限り、「好き」という思いを全く伝えない(あるいは確認しない)で彼氏・彼女の関係になることはないでしょう。

しかし、大人になるにつれて告白をしない、告白なしで関係をスタートさせる人が増加していることをご存知でしょうか。
10代~20代に比べて、30代以上の大人世代は「告白なし」は2倍近くになるのだとか…。

この背景には「告白しなくても分かってくれる」、「大人なのだから告白のなんて必要ない」という考えがあるのですが、実はここに婚活ならではの危険性があります。

婚活というと、基本的に「結婚したい」、「結婚するお相手と出会いたい」という気持ちがきっかけとなり始まるもの。

しかし、いわゆる普通の出会い方よりもステップアップするまでのスパンが短いという特徴があります。
もともと友人だった、共通の知り合いがいるといったような環境であれば別ですが、婚活での出会いは知り合ってから期間があまりないことから、相手の本心や本音が分かりにくいのです。

片方は「この人と結婚したい」と思っていても、その気持ちがきちんと相手に伝わっていなければ意味がありませんよね。

告白することで得られるもの

婚活を通して告白をし、交際が続くとその先にあるのが結婚でしょう。
結婚をし、毎日一緒にいる中で、告白の有無によって安心感が異なります。

仮に何かトラブルや嫌なことがあるとしましょう。
そんな時にも、きちんと告白からスタートされていれば告白された側としては「あの時、自分への思いを伝えてくれた」、「自分は必要とされている」という安心感を得ることができます。
その思い出は時間が経っても変わらず、2人の関係をさらに強くしてくれます。

もちろん告白なく付き合った(あるいは結婚した)2人が脆い関係だとは言いません。

しかし、特に女性は告白されたという経験や思い出を重視する傾向にあります。
告白をせずに交際をスタートする大人世代が増加していると前述しましたが、時代がどう変化しても、告白の必要性に年齢は関係ありません。

告白は必要不可欠!好意を抱いた相手がいるのであれば、まずは想いを伝えると考えましょう。

大人の告白は勢いだけではNG

好きだから告白する。これは告白するための大前提ですが、ただ好きだと思ったからその場で告白すればよいのかというとそうではありません。

いきなり会ってすぐに「好きです!」
そんな風に勢いで告白してしまうと、「この人、誰でも良いんじゃないの…?」「いつもこんな風にいきなり告白しているのかな」と疑われてしまうでしょう。

色々と経験を積んだ年齢だからこそ、告白を鵜呑みすることができないのです。

特に婚活で出会ったお相手だと、お互いをそれほど知らないことから、いきなり告白されると警戒してしまうのも無理はありません。

しかし先ほどもお伝えしたようにこの先関係を続けて見事結婚するためには告白はとても重要。
思い出に残るシチュエーションや言葉であればなおのこと心に残るでしょう。

お相手のことを好きだと感じたら、勢いで告白するのではなく、まずは告白をするための準備を始めましょう。

告白のタイミングって?理想は何回目?

婚活で出会ったお相手を「いいな」、「好きだな」と感じた場合、いつ告白すればよいのでしょうか。
告白は勢いではなくタイミングもとても重要なんです。

とはいえ、いつまでもタイミングばかりを見計らって告白せずにいたのでは、お相手も「付き合う(結婚する)意思がない」と判断して関係を終わりにしてしまうかもしれません。

大人の婚活になると、ズルズルと不安定な関係を続けることを良しと思わない人が多いのも当然のこと。
中にはすぐにでも結婚したいと思っている人も多いのです。

だからこそ、タイミングが重要なわけですが、一般的な理想としては3~4回目のデートです。

なぜ3~4回目なのかというと理由があって、1、2回目のデートだと、お互いをあまり良く知らないため焦っている、誰でも良いのではとみられてしまいますし、
あまりにデート回数を重ねているのに告白しないでいると告白のタイミングを逃してしまったり、告白する気がないのではと思われてしまいかねないからです。

そこでちょうど良い告白のタイミングが3~4回目のデートです。

もちろん、必ずしも4回目に固執する必要なく、告白のタイミングについてはどのような形で出会ったかにもよります。

もし、仕事のスケジュールやお互いの都合などで頻繁には会えない場合や2人の間に距離がある遠距離の場合には会えるタイミングで告白をした方が良いこともあります。
特に後者の場合、会えるときに告白をしておかないとそのまま自然消滅…なんてことにもなりかねません。

お互いのスケジュールや生活スタイルに合わせて、「早すぎず・遅すぎず」の絶妙なタイミングを狙いましょう!

告白を成功させるコツって?

告白すると決めたのであれば、OKをもらいたい!
つまり成功させたいと思うのは当然のことです。

相手がどのように思っているかは最も重要ですが、シチュエーションや仕方が成功するかどうかのカギとなる場合も…。

ここで、意外にも大切なのが身なりです。
なぜなら、『人は外見で9割決まる』とよく言われているように、人を判断する上で外見はとても重要だから。

告白を受ける側としては、外見が少しでも良い方が良い(嬉しい)ですよね。
例えば、告白のタイミングでシャツがヨレヨレだったり髪がボサボサな人よりも、きちんとした清潔感を感じられる身なりの人の方が「告白をOKしよう」という気持ちになるでしょう。

もちろんこういった容姿へのこだわりは告白する当日に限ったことではないのですが、いつもより少し意識するようにしておくと安心ですね。

また、告白の際迷ってしまうのが、思いを伝える言葉です。
若い世代であれば、メールやLINEで伝えることも多いようですが、できれば直接相手の目を見て、ストレートな言葉をチョイスすることをオススメします。

なぜなら、そういった媒体を介さずに直接言葉を伝えることでお相手に対する真剣さや思いの強さを感じるからです。
また、わかりづらい言葉ではなく、ストレートな言葉で伝えた方が、思いが伝わりやすく、思い出に残る告白になるでしょう。

さらにコツとして付け加えると、告白するシチュエーションにもこだわりましょう。
オシャレな場所や、思い出の場所(初めてデートした場所や会話の中で出た場所など)などで告白をすることで、成功率が上がる可能性は十分あります。

大人になるとドキドキする機会はそうありません。
だからこそ、思いを伝える告白シーンでそんなドキドキ感を感じてみてはいかがでしょうか。

告白から結婚に繋げる!大人の婚活に必要な告白

いかがでしたでしょうか。
告白はなくても関係を始めることはできます。

しかし、大人だからこそきちんと思いを伝える告白をし、けじめをつけているかどうかでその後の関係性が変わってくるということに関しては知っておく必要があります。

大人の婚活。
大人だからこそ告白をすることに抵抗感がある方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、出会いのチャンスを良い結果に繋げるためにも、魅力的なお相手に出会ったら、タイミングやコツをしっかりと押さえてお相手そして自分にも記憶に残る告白をしましょう!